スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
ばあちゃんへ
私には、お父さん方のおばあちゃん、お母さん方のじいちゃん、ばあちゃんがいました。
小さい時から異常なくらいのじじばばっこで育ってきて
一生一緒にいるつもりでいたほど、じいちゃん、ばあちゃん達が大好きで
じいちゃん、ばあちゃんに会えるのが楽しみで、よく実家に帰ってました。

四年前、一緒に住んでいたおばあちゃんが亡くなり、泣いても泣いても泣いてもおばあちゃんは戻ってくるわけがなく。
でも、お母さん方のじいちゃん、ばあちゃんがいてくれたおかげで、立ち直ることができました。
その、じいちゃん、ばあちゃんが去年から一年の間に二人とも亡くなってしまいました。

じいちゃんは去年の8月。ばあちゃんがそれから、ぐっと力がぬけてしまい
先日亡くなりました。

ばあちゃん、いっつも帰ると大きな声で「きたがー」とものすごい笑顔で畑からでてきて迎えてくれました。
帰るときは、「まだこーよー」と見送ってくれたね。
まだね、今にも大きな声が聞こえてくるような気がするよ。

ばあちゃんの気持ちがいっぱい詰まってる梅干し、漬物、あんこ、干し柿、野菜は何よりのごちそうだったよ。
いつもどんぶりごと食べちゃって、ばあちゃん心配したほどだったね。

腰はまがっていたけど、ほんとに働き者で、冬になればつんぬぎを何枚もぬっていて。
ばあちゃんの作るつんぬぎは、私の心まであっためてくれてたよ。

ばあちゃん。ばあちゃんのくしゃくしゃの笑顔も、てぬぐいをまいてる姿も、元気のいい大きな声も
一生私の心の宝物だよ。

いつも、いーーーっぱい元気をありがとうね。

これからは、いままでよりもずっと近くにいるよね。。

じいちゃん、ばあちゃん達の孫に生まれて本当に幸せです。

いっぱいの感謝をこめて。。。。。





 
| maru | - | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:45 | - | - | -









http://pokapokasmile.jugem.jp/trackback/700